よくいただくご質問をまとめました

Q.個人レッスンの場合、だいたいどれくらい通う必要がありますか?

 

A. 学びたい内容や現在のレベルにもよりますが、目的に応じて最短で的確に習得できる方法をお伝えさせていただきます。

 

過去1回だけの場合もありましたが、これは他写真クラブで学んでいて写真歴が長く、今更偉大な先生にカメラの使い方が聞けない・・・という方が再確認に来られたケース。

あるいは、すでにWEBショッピング用の画像撮影を行っていて、あともう一歩美しい撮影の方法を学びたかった!という方などです。
(だいたい、早くて1か月、遅くて1年後くらいにまたお顔を見せていただくことが多いです^^)

平均3回くらいでしょうか。

3回でほぼ満足が行く方もおられれば、カメラが楽しくなって頻繁に通っていただく方もおられます。

 

 

Q.2 子どもの発表会がもうすぐで、失敗しないように撮影したいのですが・・・?

 

A.  普段あまりカメラを使ってなくて、子どものために一眼レフ(あるいは一眼)カメラを購入しました!あるいは過去にご主人が使っていたカメラをもらいました、というかたは多いです。

室内、屋外など撮影条件によって設定がかわります。ポイントを的確にお伝えします。

撮影後、データ処理で驚きの変身をみせることもあります。

一生に一度の瞬間を、バッチリおさめましょう!

 

 

Q.3  撮影した写真がたくさんありすぎて、どれが良いのかわからないのですが・・・

 

A. デジタルになって簡単にシャッターが押せますよね。当然です。

 さらに自分で写真をみてると良さに気が付かないことも多々あります。

 講師の内山は客観的に物事を見ることに長けており、個性や作品の魅力を引き出してくれます。

 撮影旅行に行き、プリントだけをしに来て下さる方が多いのもその結果だと思います。撮影者の思いをくみ取ったちょっとした画像補正(修正ではありません)がポイントです。 

 絵画をやってきたからこそ、光のとらえ方が違うのだと思います。光と影、色彩の表現、切り取り方でさらにセンスが光ります。